男性

産業廃棄物のガレキ選別はスムーズに行なおう|ベルトコンベアが便利

特別な処理方法を用いる

工場

産業廃棄物に指定される対象の中にはアスベストも指定されています。アスベストは産業廃棄物処理の中でも難しいもので、処理できる業者も限定されているという特徴があるものです。そのため、アスベストを含む建築物を崩し、ガレキを産業廃棄物処理する場合は業者をしっかり選定する必要があります。なぜ特別に処理が難しいのかというと、アスベストは飛散するという特徴を持っているためです。石綿ともいわれるアスベストですが、綿のような細かい繊維になっているので、風に乗ってどこへでも飛んでいきます。そして肺に入り込み、それが体の中で異常をもたらすのです。肺がんを引き起こす物質でもあるといわれているため、産業廃棄物処理業者にはマスクや飛散防止シートの設営など、専門的な作業が求められています。

アスベストを処理できる産廃業者というものは限られているので注意です。特別管理産業廃棄物処理資格をもつ業者が処理をするので、いつも頼んでいる業者では頼めないかもしれません。もし非飛散性アスベストならば特別な業者に頼まなくても良いと考えるのも間違いです。非飛散性のアスベストにも産業廃棄物処理の方法が決められているので、きちんと資格をもつ業者に頼んで安全性を確保しましょう。指定されているものにどんなものがあるのかというのは、専門業者が調査してくれるので心配いりません。知識として、吹付け石綿や珪藻土保温材等はアスベスト廃棄物に当てはまっていると認識していれば大丈夫です。