男性

産業廃棄物のガレキ選別はスムーズに行なおう|ベルトコンベアが便利

マニフェストが必要

作業員

経済活動をすることによって多くのゴミが排出されますが、これが産業廃棄物といわれています。その中でも細かく分類があり、一つが混合廃棄物とよばれるものです。混合廃棄物も業者で取り扱ってくれますが、産業廃棄物を処理する際にはマニフェストというものが発行されます。様々な違う素材のゴミを処理する混合廃棄物の処理なので、このマニフェストについて考えてしまう業者もいるといわれています。なぜかというと、マニフェストはゴミの種類ごとに発行されなければならないとされているからです。そのため面倒に考えてしまうところも多いのですが、業者に聞いてきちんと内容を把握すれば面倒に思うこともありません。

マニフェストは基本的に、引き渡しを行なう場合と廃棄物の種類、そして運搬先によって必要とされるといわれています。しかし、混合廃棄物の場合は自治体によってこの規定が異なっているので、地元の業者にまず問い合わせることが大事なのです。電子マニフェストを請け負っている業者であれば報告書を提出する必要さえなくなります。そして、混合廃棄物を一つの種類として処理する方法もあります。この場合は引き離すことが難しい物体であることを証明する必要があります。それが認められれば、マニフェストの発行は一部で十分となります。混合扱いにする場合、受け入れ施設が限定されることもあるのできちんと調査すべきです。そうして運ばれた混合廃棄物は、中間処理施設で分別されることになります。